×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


九州地図  私たちが主に活動をしている白川です。 白川の名の由来は「水が澄みきってきれいな川」と清らかな水の流れのイメージから命名されています。 熊本市をはじめとする1市11町村を流れる一級河川で、阿蘇カルデラを源とし有明海に注いでいます。

 大きな特徴として、流域面積の約80%が世界最大級の阿蘇カルデラ内にあることです。 白川の源は、阿蘇山の中央火山群。そこからカルデラの南側の南郷谷を流れ、 外輪山の立野付近で、北側の阿蘇谷から流れて来た黒川と合流します。 その後、カルデラの唯一の欠落部である立野火口瀬から西へ流れ下り、 熊本市の中心部を通って有明海に注いでいます。

 流域は中流から下流部は極端に細長く、流域全体が「おたまじゃくし」に似た特異な形をしています。
おたまじゃくし
熊本県 一級河川
川の長さ 約74km
流域面積 約480km2

詳細 >>白川・黒川その水環境の特徴と水質(東海大学 金子好雄)<<





 阿蘇の大自然の中を流れ、都会を通って有明海にたどり着きます。 私たちの生活とともにあり、そこに住む人たちは川でつながっています。
 イベントが行われたり、カヌーに乗ったりなど多くの人たちに利用されています。 また、子供たちにとっての環境学習の場としての利用もあります。
そして、愛する川の環境を良くしていこうと多くの人達が活動しています。


● も ど る ●

● ト ッ プ ●




Copy Right 東海大学 白川エコロジカル・ネットワーク